now loading
覚せい剤取締法違反

覚せい剤取締法違反事件

arrow
不起訴

事案の概要

30代の男性が夜間車内で寝ていたところ警察官から職務質問を受け、車内から覚せい剤が発見され、逮捕された事件。

弁護活動による成果

乗っていた車は男性が知人から一時的に借りていた自動車であり、本人は覚せい剤が車内に隠されていたことを知らなかったと主張していた。意に反した自白をしないように接見を繰り返して助言するとともに、尿から覚せい剤反応が出なかったことや、隠されていた覚せい剤に気付かないまま自動車を借用していた可能性が十分にあることを検察官に伝えた結果、不起訴処分となった。

鴻和法律事務所の刑事事件弁護専門チームの弁護士にご相談ください。
集合写真

家族や友人、部下が突然逮捕された。どうしていいかわからない。
しかし「刑事事件ははじめの72時間が最も重要な時間」です。
躊躇している時間はありません。
この時間をどのように対応するかがその後の運命を大きく左右します。

  • 無罪実績多数
  • 不起訴多数
  • 複数の弁護士による対応可
  • 迅速対応
ご相談のご予約・お問い合わせはこちらから